2006年10月31日

花咲く街角藤原台店


hanasaku1














神戸電鉄田尾寺駅から西へ徒歩5分のチャイニーズレストラン「花咲く街角藤原台店」です。車利用だと中国自動車道西宮北インターから西へ約1kmほど、有野郵便局の近くです。
朝8時から11時まではモーニングサービス、平日(月〜土、日曜祝日は除く)の11:30〜13:30は中華ランチバイキングを実施しています。(混雑時は1時間制)価格は10歳以上の大人は1,050円、10歳未満の小人は年齢×105円となっています。
こちらの店舗は創業してから19年になるそうです。ランチバイキングも創業時から欠かさず続けているそうです。
また90品にも及ぶ一品料理やコース料理も用意されています。


hanasaku2














前置きはさておき、さっそくランチバイキングの料理を拝見しました。店の中ほどの厨房が良く見えるテーブルに料理が並べられています。手前には野菜サラダ・焼豚ときゅうりの胡麻和えが並んでいました。


hanasaku3














そして鶏の唐揚げ・春巻き・酢豚・八宝菜・茄子の味噌炒め・炒り玉子・焼きそば・チャーハンが並んでします。そして中華スープ・ご飯・お粥・が用意されています。


hanasaku4














デザートは写真のマーライコー(中華カステラ)と杏仁豆腐が用意されていました。マーライコーは甘みが抑えられていて、ふっくらと蒸しあげられていました。


hanasaku5














香港から呼んだシェフが作り出す料理はどれも洗練されていて、とても美味しくいただくことが出来ました。
値段もお手頃でアイテム数も満足できるものでした。一品料理も美味しそうなメニューが並んでいるので今度訪問する時は是非いただきたいと思います。

花咲く街角藤原台店
神戸市北区藤原台北町7-4-1
078-981-1100
座席 円卓8人掛け×5 テーブル4人掛×11 2人掛×1
営業時間 8:00〜21:00(L.O.)
年中無休
posted by さいとう at 22:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 中華料理

2006年10月30日

末広


suehiro1a1














三ノ宮駅東方サンパル北側の「末広」です。電話帳では「末広食堂」となっています。自家製うどん・そば・丼物・定食類と何でも揃います。創業50年以上の老舗だそうです。串カツ「まこと」の東の路地を北へすぐの場所です。


suehiro1a2














ごはん・うどん・焼きさばセット 800円
ホリューム満点でお腹一杯になります。
焼きさば定食(ごはん・小鉢・漬物・味噌汁またはミニうどん)750円もあります。


suehiro1a3














カレーうどん・おにぎりセット 900円
しっかりした歯ごたえのある麺に牛肉・玉葱がたっぷり入ったとろみあんが良くあいます。
カレーうどんのみの場合は750円です。

末広
神戸市中央区旭通5-1-6
078-221-4433
座席 カウンター4席 テーブル6人掛×1 8人掛×1
営業時間 11:00〜22:00
年中無休
posted by さいとう at 21:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 食堂

2006年10月29日

第8回六甲アイランド収穫祭


ric11














神戸市東灘区六甲アイランドで開催された「第8回六甲アイランド収穫祭」に行ってきました。多数の店舗が出店していましたが、その中のひとつ岡山県の山田牧場の「炭火焼バーベキュー」です。(1本700円)


ric12














塩と胡椒だけの味付けですが肉質がとても柔らかくて素晴らしい味わいのバーベキューでした。


ric13














六甲アイランドリバーモールウェストのベトナム料理店「メコン」(Mekong)の出店です。


ric14














定番「フォー」「揚げ春巻き」「ベトナム風焼き鳥」そして「333(バーバーバー)」です。もうこれだけでお腹一杯になりました。


ric15














フォーを食べていると「タコ飯はいかがですか。」と炊飯ジャーを抱えた若者から声がかかりました。折角だから食べないわけにはいかないでしょう。


ric16














タコ飯 1つ200円
味付けも炊き方も上手で美味しくいただきました。


ric17














和歌山県有田郡有田川町から減農薬栽培みかんとマーマレードの販売にお越しの農業生産法人三木ファームさんです。


ric18














ジュースの試飲とマーマレードの試食だけさせていただきました。とても濃厚で美味しいジュース、そしてエグミのない豊かな味のマーマレードをごちそうになりました。
農業生産法人三木ファームさんのURLはこちら
http://osp1.pitto.jp/pb/hot0073awm309.page
posted by さいとう at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

第3回六甲アイランドみかげだんじりストリート


ric1














10月29日13:00〜17:30六甲アイランド輸入住宅展示場にて第3回六甲アイランドみかげだんじりストリートが開催されます。御影の浜石屋地区のだんじりが参加する予定です。


ric2














10月28日29日は六甲ライナーアイランドセンター駅周辺にて「六甲アイランドハロウィンフェスティバル2006」「第8回六甲アイランド収穫祭」「ニッポン全国[田舎]フェア」「アイランドフリーバザールin六甲アイランド」多彩な行事が開催されます。


ric4














10月25日から31日まで神戸ファッションプラザ(Rinc)にて「横浜・鎌倉・湘南の味と技物語」という食品と伝統工芸品の展示即売会も開催されています。

第3回六甲アイランドみかげだんじりストリート
主催 神戸ベイロータリークラブ
後援 神戸市・東灘区など
posted by さいとう at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年10月28日

神戸中央港湾労働者福祉センター


kouwan1














阪神高速京橋インターから西へ200mくらいの「神戸中央港湾労働者福祉センター」食堂です。難しい名前ですが、神戸港で働く方たちのための福利厚生施設です。運営しているのは「財団法人神戸港湾福利厚生協会」というところで「ピアハウス」という名称の港湾食堂を10数店舗運営しています。


kouwan2














入り口の自動券売機で食券を購入します。おかず2品とご飯・味噌汁のAセットが500円、おかず1品とご飯・味噌汁のBセットが370円と激安です。カレーうどん220円・焼き飯300円・カレーライス(大)は310円などとてもリーズナブルなお値段です。


kouwan3














Aセット500円 おかずは10種類くらいある中から選べます。サンマとこうや豆腐の煮物を選びました。ご飯のお代わり自由です。美味しくて安くてボリュームがあって良い食堂です。

神戸中央港湾労働者福祉センター
神戸市中央区新港町13-3
078-391-5329
URL http://www.kobeportkoseikyokai.or.jp/index.html
座席 150席程度
営業時間 平日 AM8:00〜PM4:00
    土曜 AM8:00〜PM1:00
定休日 日曜・祝日
posted by さいとう at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 食堂

2006年10月27日

神戸市役所職員共助組合食堂


kobecityoffice10












以前お伝えしたことがある、その神戸市役所2号館地下1階の神戸市役所職員共助組合食堂は日替わりで様々なメニューを提供しています。実はここの食堂はとても安い上に美味しいのです。ご飯大盛りも同料金です。


kobecityoffice12














その中のひとつ、B定食のカツライス(現金500円・カード450円)
数ヶ月に1回しか出てこないレアアイテムです。揚げたての柔らかいサクサク豚カツに牛肉・玉葱入りのタレがかかっています。タレの味はあっさりめのハヤシライスのルーのような感じでした。盛り付け方がカツカレーかカツハイライのような感じですので余計にそう思ってしまうのかも知れません。
それにしても神戸市役所の食堂で「カツライス」が味わえるなんて素晴らしいことです。やはり人気があるようで飛ぶように売れていました。


kobecityoffice11














日替丼(現金400円・カード360円) 焼鳥丼
ほど良く焼いた鶏肉を散りばめた焼鳥丼です。ボリュームがあって美味しくて360円と激安です。

神戸市役所職員共助組合食堂
神戸市中央区加納町6-5-1
078-331-8181(市役所代表電話)
座席 200席以上
営業時間 11:30頃〜13:30頃
定休日 土日祝日・年末年始
posted by さいとう at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | かつめし

2006年10月26日

トレック・ノック


treck1














阪急三宮駅西口から徒歩3分程度、「洋食の赤ちゃん三宮店」の北の路地を西へ入った場所にあるカレーの店「トレックノック」です。建物の奥の方にあるので看板がないとまず判らないです。そういえばこの辺りは人通りも少なく香港・尖沙咀の路地裏のような雰囲気です。


treck2














看板とカレーの匂いに引かれて奥へ進んでいくと見えてきました。ギターケースに描かれた「都列宮納功」の文字が。こう書いて「トレックノック」と読むそうです。震災後の平成8年に開業して今年で満10年になるそうです。トレッキング(≒山登り)のように1歩1歩着実に歩んで生きたいという願いが込められているそうです。


treck3














昼はカレーがメイン、夜はショットバーをやっているそうです。夜もカレーを提供していますのでどうぞご利用くださいとのことです。
カレーの種類は5種類あります。サラダがついています。
おいしいカレー 650円
焼きカレー 750円
オムライスカレー 750円
スペシャル(チーズ入り)オムライスカレー 800円
ドライカレー 800円
いずれも現在のところ大盛りも同額です。


treck4














スペシャル(チーズ入り)オムライスカレー 800円
ご飯を玉子とチーズでフワットロッとくるんだ上から
何種類ものスパイスを使用してじっくり煮込まれたコクのあるルーをかけています。大きなビーフと人参のかたまりがゴロンと入っていてこれがまた美味しいのです。


treck5














ドライカレー 800円
鶏ミンチ肉をこだわりのスパイスで煮込んだルーを使用しています。見た目と口の中に入れたときには、そんなに辛くないのですが、後から辛さがジワジワ効いて来ます。


treck6














焼きカレー 750円
カレーとチーズをグラタン風にオーブンで焼き上げたカレーです。チーズの焦げ目が実に香ばしくて美味しいカレーです。

トレック・ノック
神戸市中央区北長狭通1-9-17
078-334-3277
座席 カウンター6席 テーブル2人掛×3=6席
営業時間 12:00〜00:00
定休日 日曜日
posted by さいとう at 22:06| Comment(2) | TrackBack(0) | カレー

2006年10月25日

杉の木食堂


suginoki1














三宮から北へ徒歩15分ほど、北野坂とハンター坂の間にある中山手カトリック教会の山側に少し上った坂の中程にある「杉の木食堂」です。
MSHIBATAさん著「神戸ぶらり下町グルメ」に紹介されている店舗です。


suginoki2














店を入ってすぐショーケース内に焼き魚や煮物が収まっています。ご飯は大200円、中150円、小100円、味噌汁100円とお手頃価格です。1日10食限定の日替わり定食は500円です。丼・麺類・定食など多数の品揃えがあります。
店内は相当広いのですが、奥にお好み焼きののれんがかかっていて、引き戸の向こうにはさらに30人以上収容できるスペースがあるようでした。表からは想像できないほど大きな店です。


suginoki3














日替わり定食 鯖の煮付け・大根・小鉢(なすの煮物)・ご飯・味噌汁・沢庵 ボリューム満点な上に500円ととても嬉しいお値段です。大根に鯖の煮汁がよく染み込んでいてとても美味いです。食後にはセルフサービスですがホットコーヒーのサービスがあります。アットホームで本当に良いお店です。

杉の木食堂
神戸市中央区山本通2-2-10
078-272-0026
座席 テーブル4人掛×12=48席
営業時間 11:00〜18:00
定休日 土・日・祝日
posted by さいとう at 23:13| Comment(4) | TrackBack(1) | 食堂

2006年10月24日

兵庫・加古川名物 がっつりビーフかつめし


katsumeshi6














先日、沖縄に行ったときに見たコンビニエンスストアはファミリーマート・ローソン・ホットスパーばかりで、最大手の「セブンイレブン」は何故か1軒も見かけませんでした。それで公式サイトを見てみると青森県・秋田県・富山県・石川県・福井県・鳥取県・島根県・香川県・徳島県・愛媛県・高知県・鹿児島県・沖縄県はセブンイレブン空白県だったことがわかりました。(平成18年9月現在)てっきり全国展開しているのだと思っていたのでトリビアっぽいですね。

ちなみに沖縄のスーパーは地元系のサンエー・かねひで・ユニオンなどが有名で、内地系ではイオングループの琉球ジャスコやマックスバリュが多く見られます。那覇と浦添にあったダイエーは平成17年11月20日をもって沖縄から撤退しています。


katsumeshi2














そんな話はさておき「かつめしあんBBS」にて、てつさんが書き込んだ情報を元に最大手コンビニエンスストアの某店に潜入したところ弁当コーナーにうず高く積まれた「かつめし弁当」を発見しました。
そして店員が目を離した隙に決死の写真撮影をしました。(本当は知り合いのコンビニ店長に協力をお願いしまして見栄えがするよう多少の演出をしています。)


katsumeshi3














今回、セブンイレブンから発売されたのは「兵庫・加古川名物 がっつりビーフかつめし」という商品です。


katsumeshi4














中を見てみるとご飯とカツは別盛になっています。程よい厚みと大きさにカットされカリッと香ばしく揚げられた牛カツとあっさりめのデミグラスソース風のタレの組み合わせです。横にはしっかりとボイルドキャベツが添えてあります。カツの下にはパスタが入っています。

カツとごはんがセパレートになっているのも、ご飯の水分でカツがふやけないように考えられているようです。

兵庫・加古川名物 がっつりビーフかつめし
定価 650円
発売元 セブンイレブン
発売地域 未確認 たぶん関西圏
発売開始 平成18年10月
期間   未定
posted by さいとう at 20:50| Comment(4) | TrackBack(0) | かつめし

2006年10月23日

トミーズ住吉台本店


tommys1














東灘区六甲山麓の県営住吉台団地のそばにある「トミーズ住吉台本店」です。昭和52年にこの地で創業され、現在は阪急三宮西口の三宮店、JR三ノ宮東方の三宮東店、計3店舗で営業されています。住吉台本店に行くにはJR住吉駅から「住吉台くるくるバス」に乗車して県住前から徒歩3分程度です。


tommys2














トミーズの名を一躍有名にしたのがこの「あん食」(525円)です。食パンの中にあんが練りこまれていて、とても美味しい食パンです。手に持つとずっしり重くて目方は880グラムもありました。


tommys4














パンの断面はロールケーキのようにぎっしり詰め込まれたあんが見られます。あんの甘さは控えめで後味も爽やかです。そのまま食べても美味しいし、トーストして食べるとより一層味が引き立ちます。


tommys3














こちらは「紅いも食パン」(346円)です。鹿児島産の紅いもを使ったパンです。目方は510グラムといたって普通です。


tommys5














当然切ってみると中身が赤紫色です。フワッと柔らかく紅いも特有の香りとほのかな甘みを感じることが出来る美味しい食パンです。他にもチョコローフ・デニッシュローフ・上食パン・ハイミルク食など美味しそうなパンが用意されています。

トミーズ住吉台本店
神戸市東灘区住吉台6-6
078-811-7633
URL http://www.tommys-kobe.com/index.html
営業時間 06:30〜19:00 土曜日は06:30〜17:00
年中無休 
posted by さいとう at 22:25| Comment(8) | TrackBack(1) | パン・菓子

2006年10月22日

「神戸ぶらり下町グルメ」が出版されました


kobeshitamachi1














当ブログもお世話になっております、「MSHIBATAの徒然に」の作者でいらっしゃるMSHIBATAさんが、この度「神戸ぶらり下町グルメ」を出版されました。おめでとうございます。
神戸の安くて美味しくて懐かしい店115店舗を精力的に取材されて、店主とその店に集う人々の息遣いなど感じたことをそのまま率直に書き綴られております。
お洒落な高級レストランや割烹などを扱ったグルメ本とは一線を画した、庶民が普段着のまま安心して利用できる名店ばかり登場します。是非とも手に入れていただきたいお勧めの本です。


kobeshitamachi2














今週初めから神戸市内の各書店の店頭に並ぶようです。ジュンク堂ではひと際目立つ場所に展示されていました。

(参考)
神戸ぶらり下町グルメ
2006年11月11日 第1刷発行
発行所 神戸新聞総合出版センター
定価 1,400円+税
ISBN4-343-00374-4
posted by さいとう at 23:58| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

ラーメン食堂たろう軒


taroken1














阪神高速摩耶インターから南へすぐの「ラーメン食堂たろう軒」です。「らぁめんたろう」を経営する潟`ャイナロードジャパンが10月18日(水)に新規オープンした店舗です。お洒落な洋風ビストロという感じの店内は従来の「ラータ」のイメージとは全く違います。オープンキッチンのカウンターには大皿に盛られたロールキャベツ・肉じゃが・ひじきなどが並んでいて食堂メニューをメインにしていることを感じさせます。


taroken3














たろう軒ラーメン 630円
ベースはオーソドックスな「らぁめんたろう」の麺とスープです。その上にチャーシュー・メンマ・ホウレン草・白髪葱・ピーナッツなどが乗っているオリジナルラーメンです。残念ながらキムチは食べ放題ではなく、小皿に盛られて出てきます。


taroken4














ギョーザ 1人前(7個)300円 写真は2人前
豚肉・キャベツ・ニラなどがたっぷり詰まった餃子です。お皿も餃子を意識したのか半月型です。味噌ダレが用意されていますのでお好みでどうぞ。


taroken2














カツめし 850円
今日訪問したのは何を隠そう、この「カツめし」のためです。何故か三角形の皿の上にご飯・千切りキャベツ・豚カツ、その上からトマトベースのやや酸味のあるかつめしのタレがかかっています。豚カツの厚み柔らかさなど程よく、タレも良く研究されていると思います。まだまだ少数ではありますが神戸市内にもかつめしを提供する店が現れつつありもとても喜ばしく思っています。


taroken5













参考資料つけておきます。


taroken6














「らぁめんたろう摩耶店」と混同されるかも知れないので地図もつけときます。

ラーメン食堂たろう軒
神戸市灘区灘浜町1-1
078-881-0076
URL http://rtaro.jp
座席 カウンター8席 テーブル6人掛×3 10人掛×1
営業時間 11:00〜02:00 但し当分の間、売り切れ(20〜22時頃)まで
年中無休
posted by さいとう at 21:16| Comment(3) | TrackBack(1) | ラーメン

2006年10月21日

元町食味館季節料理 ちから


chikara1














元町駅から南へ徒歩5分程度、南京町の上海餃子のすぐ北側の「元町食味館季節料理 ちから」です。元々、活魚・ふぐ・すっぽん・ちゃんこ鍋・神戸牛を中心とした料理屋さんですが、ランチメニューの中に「かつめし」の文字を発見して立ち寄ってみました。


chikara2














ランチタイムは選べる定食と銘打って、メインのおかず1品、小鉢1品、ごはん、味噌汁を790円で提供しています。


chikara3














ちから特製「ソースかつめし」790円 ご飯大盛りは820円
重箱の中にご飯が敷き詰められ、キャベツの千切り・トンカツが乗って上から甘辛いソースベースのタレがかかっています。葱とゴマの香りが香ばしいです。加古川のかつめしとはまた違う、つからオリジナルかつめしです。
 
元町食味館季節料理 ちから
神戸市中央区元町通2−3−16
078-393-5150
座席 テーブル6人掛×2 座敷6人掛×1 4人掛×2
営業時間 11:30〜13:30 16:00〜23:00
定休日 日曜日 日曜は宴会予約のみ受け付けます
posted by さいとう at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食

2006年10月20日

神戸元町カツ丼


motomachikatsudon1














元町駅東口から南へすぐの元町穴門商店街の中にある「神戸元町カツ丼」です。こちらに店を構えて7年目になるそうです。


motomachikatsudon2














基本メニューは「カツ丼」「テキ玉丼」「辛口カツカレー」の3種類で、ご飯の量・カツの枚数・玉子の個数などにより値段が変わります。メニューには無いですが特盛もできるそうです。


motomachikatsudon3














テキ玉丼 大盛650円
目の前でジュージューと豚ロース肉を炒めて玉子をからめミツバを乗せて出来上がりです。甘辛いタレと豚の脂分がご飯と良く合います。今度はカツ丼とカツカレーに挑戦します。

神戸元町カツ丼
神戸市中央区元町通1-11-7
078-322-3665
座席 カウンター10席
営業時間 月火水金11:30〜16:00 18:00〜21:00
     土日  11:30〜16:00
定休日  木曜日(不定休)
posted by さいとう at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) |

2006年10月19日

丸高


mint1














平成18年10月4日に開業した三宮駅前「ミント神戸」(神戸新聞会館)地下1階M-KITCHEN(旧・秀味街)に、うなぎの「丸高」が戻ってきました。


marutaka51














秀味街を閉鎖して工事している間、阪神大石駅南で山信船寺店として営業を続けていました。

店の広さは以前よりも若干狭くなったもののキャパシティは十分あります。


marutaka53














特鰻丼2,420円 上鰻丼1,580円 鰻丼950円
何が違うかと言うと鰻の大きさが違います。ご飯の大盛り可能です。追加料金は必要ありません。


marutaka52














手前が鰻丼、奥が上鰻丼です。いずれもご飯大盛りです。江戸前の蒸した鰻は柔らかくて上品、とても美味しいですよ。老舗の名店が三宮に復活しました。おめでとうございます。

丸高
神戸市中央区雲井通7-1-1
078-221-0606
座席 カウンター6席 テーブル4人掛×5=20席 6人掛×1=6席 16人掛×1=16席
営業時間 11:00〜21:00(L.O.) 22:00閉店
年中無休
posted by さいとう at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) |

お知らせ


diskspace1







グルメ紀行ブログが利用しているDIONのLOVELOGサーバのディスクスペースがあと僅かとなってきました。過去の記事はそのまま残しますが、画像につきましては順次削除して行きますので必要な方は(そんな人いるのか?)ダウンロードして保存してください。
posted by さいとう at 07:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2006年10月18日

ジャッキーステーキハウス


jacky1














沖縄に行ったら必ず立ち寄っているのが「ジャッキーステーキハウス」です。国道58号旭橋交差点から徒歩5分、沖縄不二ホテルの北側の便利な場所にあります。


jacky2














進駐軍時代の1953年から営業を続ける老舗です。店の場所自体は移転して当時とは違いますが、ステーキの煙が漂う店内はレトロな感じで異国情緒たっぷりです。10月12日から15日まで第5回ウチナンチュー大会が開催されていたせいか、店内は満席でした。


jacky3














沖縄と言えば、やっぱりオリオンビールです。南国気分が味わえます。


jacky4














テンダーロインステーキ L 250g 1,900円
レアを注文したら血のしたたるような肉が出てきました。けど生ではなく、中まで火は通っています。オーストラリア産のヒレ部分のステーキですが柔らかくてサイズも大きく満足感を十分に得られます。


jacky5














ニューヨークステーキ L 250g 1,400円 ミディアム
こちらはロース肉になります。ヒレに比べて若干硬めですが、この大きさと食べ応えはやみつきになります。


jacky6














ハンバーグステーキ L 900円
こちらはハンバーグが2枚と、その上に目玉焼き(sunny side up)が乗ります。手ごねのカリッとしたハンバーグです。


jacky7














タコス 5枚600円
メキシコ原産で今や沖縄に定着してしまったタコスです。ピリ辛ミンチ・レタス・トマト・チーズなどを小麦粉とコーンの粉を混ぜて焼いたような薄い皮ではさんで食べます。トマトソースをつけていただくと尚美味いです。

ジャッキーステーキハウス
沖縄県那覇市西1-7-3
098-868-2408
URL http://www.steak.co.jp/
座席 テーブル 4人掛×20=80席
営業時間 11:00〜01:30
定休日 年中無休
posted by さいとう at 20:50| Comment(2) | TrackBack(0) | ステーキ

2006年10月17日

呉屋てんぷら屋


goya1














那覇市の牧志公設市場から50mほど西に行くとクロネコヤマトの営業所の前に「松尾二丁目中央市場」という看板が見えます。市場というより狭い路地という感じです。


goya2














その「松尾二丁目中央市場」の北から二番目にあるのが「呉屋(ごや)てんぷら屋」です。地元の方には結構有名なてんぷら屋さんです。


goya3














ここで有名なのは「サターアンダギー」です。サターは砂糖、アンダは油、アギーは揚げる、続けて砂糖油揚げという意味です。


goya4














店頭にはサターアンダギー(白砂糖と黒砂糖の2種類)・魚やゴーヤーなど各種天ぷらが並んでいました。値段はどれでも1個40円です。安いでしょ。


goya6














サターアンダギーを200個注文して送ってもらうことにしたら、10個ほどおまけに頂戴しました。黒砂糖の優しい甘みが秀逸です。


goya5














天ぷらの断面を確かめてみました。
左奥から「ゴーヤ」「野菜かき揚」
左手前から「魚」「イカ」「サヤインゲン」「いも」です。どれでも1個40円と激安価格です。衣がとっても分厚いのが沖縄天ぷらの特徴です。素材の味と同時に衣の食感も楽しんでください。


呉屋てんぷら屋
沖縄県那覇市松尾2-11-8
098-868-8782
営業時間 8:00〜18:00頃
年中無休
posted by さいとう at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄料理

2006年10月16日

春風堂食堂


syunpu1














那覇市の牧志公設市場から南のサンライズなは通りへ入り、沖縄銀行の手前の路地を少し入ったところにある沖縄大衆食堂「春風堂食堂」です。食堂の2階は1泊1,000円の「ドミトリー沖縄」となっています。


syunpu2














店内はカウンター席と座敷席があります。沖縄の大衆食堂では混んでなければ、食後にゴロンと横になって昼寝するのもOKだとか。メニューは定食類を中心に沖縄そばなど麺類やご飯もの、季節料理などいろいろ用意されています。


syunpu3














サービスで出していただいた「もずくのかき揚げ」です。玉葱・人参なども入っていてヘルシーで美味しいかき揚げです。


syunpu4














Aランチ 750円
とんかつ定食(650円)にポークハムを追加したのがAランチです。それにしても、真ん中にデーンと乗っている「とんかつ」の大きさと厚みは半端じゃないです。味噌汁と小鉢が2皿ついてます。沖縄の大衆食堂で出される食事のボリュームには圧倒的されてしまいます。


syunpu5














煮付け 550円
ラフテー・大根・島豆腐・こんにゃく・人参・厚焼き玉子みたいなのが各2個ずつとほうれんそうと昆布を煮付けた料理です。かつおと昆布の出汁が材料によく染み込んでいて家庭的な優しい味です。沖縄の人のソウルフードのひとつだと思います。
ご飯・味噌汁・小鉢が1皿ついてます。小豆とグリーンピース入りご飯をサービスしていただきました。

春風堂食堂
沖縄県那覇市壺屋1-1-10
098-862-0902
座席 カウンター6席 座敷4人掛×4=16席
営業時間 11:00〜20:30頃
年中無休
posted by さいとう at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄料理

2006年10月15日

丸安そば


maruyasu1














那覇市中心部の国際通りや牧志公設市場は余りにも有名ですが、認知度が高すぎて面白くないので、牧志の市場からもう少し南の農連市場の入り口付近にある「丸安そば」に行ってみました。店の周辺の路上にはタクシーが何台も止まっていて、仕事の合間に腹ごしらえして行かれます。タクシー運転手の利用が多いということは安くて美味しい店ということで間違いありません。


maruyasu2














店は三角形の土地を有効活用して厨房を中心に三方をカウンターで囲むように配置されています。客が座る席は半分道路にはみ出しているような感じで頭の上は日よけテントがあるだけです。加納町の麺蔵を想像していただければいいかと思います。店の中はお世辞にも綺麗とは言えずエアコンなど設置しているはずもありません。カウンターの上には沖縄独特の黄色と赤色に塗り分けられた箸が置いてあります。


maruyasu3














自動販売機で食券を購入して店内のおばちゃんに注文すると実に威勢良く調理を始めてくれます。


maruyasu4














豚中身汁 600円
中身とは内臓つまりホルモンと思っていただければいいかと思います。下ごしらえに結構手間をかけているようです。鰹と昆布の出汁にホルモンと椎茸が大量に入っています。あっさりシンプルな味付けでとても美味しくいただきました。牛中身汁というのもありますが牛は550円で少し安いですが、沖縄の方は圧倒的に豚を支持しているようです。
他のメニューは沖縄そば400円・ソーキそば600円・とうふチャンプルー500円・ゴーヤーチャンプルー550円などとなっていました。

丸安そば
沖縄県那覇市樋川2-3-7
098-834-2785
座席 カウンターのみ15席
24時間営業 年中無休
posted by さいとう at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄料理

さらばんじ


sarabanji1














国道331号線沿い名護市汀間(ていま)漁港近くの「さらばんじ」です。米軍キャンプシュワーブ(辺野古岬)とは目と鼻の先です。


sarabanji2














沖縄の料理屋に行くと、ほぼ間違いなく置いているのがこれです。「コーレイグス」といい沖縄名産の「島とうがらし」の泡盛漬けです。これの辛さといったら相当なものです。沖縄の人はこの「コーレイグス」を料理にどばどばかけていただきます。ゴーヤーチャンプルーにかけたら苦いわ辛いわで大変なことになります。


sarabanji3














ナーベラーチャンプルー 600円
ナーベラーとはヘチマのことです。ヘチマと豆腐を炒めて味噌で味を調えます。これがまた美味いのです。これにご飯・味噌汁・鶏の唐揚げ・ワカメの煮物がついています。ボリューム満点で沖縄の料理屋さんはお客さんをがっかりさせないです。


sarabanji4














みそ汁 600円
大きな丼に盛られたみそ汁には白菜・玉葱・大根・豚肉・豆腐・玉子などがこれでもかと入ってます。これは立派なおかずというよりメインディッシュです。 


sarabanji5














ポーク玉子 500円
すっかりおなじみになったはずのポーク玉子です。ハムステーキや炒り玉子の焼き具合、大きさ、塩味、どれを見ても素晴らしい。これぞ沖縄の家庭料理です。

さらばんじ
沖縄県名護市汀間367-5
0980-55-8684
座席 テーブル4人掛×4 座敷4人掛×8
営業時間 11:00〜23:00
定休日 月曜日
posted by さいとう at 07:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 沖縄料理

2006年10月14日

今日はお祭り日和

061014_1346~01.jpg昨日は沖縄から帰って来て今日と明日は芦屋市精道地区のだんじり祭りとヘロヘロになりながら、なんとか頑張ってます。そんな訳で更新とコメントのお返事が遅れておりますことをお詫び申しあげます。

posted by さいとう at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

吉野屋沖縄南インター店


yoshinoya11














米軍嘉手納基地のゲートから沖縄南インターチェンジ方向に走ると見えてくる吉野屋です。


yoshinoya12














なにやら沖縄吉野屋限定タコライスの看板やらのぼりが見えます。


yoshinoya13















珍しいので思わず注文して出てきたのがこれです。タコが入っている訳ではなくタコス風な食べ物なのです。ご飯の上にソボロミンチ、チーズ、レタスそしてスパイシーなチリソースをかけて仕上げです。


yoshinoya14














お値段は380円、大盛りは480円です。ハバネロを効かせると更に激辛ホットになります。こういう地域限定メニューというのもサプライズで面白いです。沖縄は豚肉文化が根付いているので今後豚丼も定着すると思います。意外とホルモン丼とか面白いかも。

吉野屋沖縄南インター店
沖縄県沖縄市上地93-6,7,8
098-982-2394
座席 カウンター5席 テーブル4×2 2×13
24時間営業 年中無休
posted by さいとう at 00:01| Comment(2) | TrackBack(0) |

2006年10月13日

嘉手納基地ゲート

061012_0928~01.jpg061012_0930~01.jpg時間があったのでキャンプ嘉手納のゲート前で記念撮影してきました。米兵にカメラを向けるのはかなりヒヤヒヤものです。
posted by さいとう at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年10月12日

みそ汁

061011_2012~01.jpg沖縄の大衆食堂ではメニューにゴーヤーチャンプルーなど単品で書かれていても、ご飯と澄まし汁がついています。それを知らずに例えば焼きそばとご飯とみそ汁を注文すると大変なことになります。普通、みそ汁と言えばご飯とおかずの脇役のような存在ですが沖縄ではみそ汁が立派なおかずなのです。味噌仕立てのスープに白菜・人参・もやし・ニラなど野菜類に豚肉・島豆腐が入り仕上げに半熟玉子が乗ります。つまり目の前に焼きそばとご飯茶碗が3杯、澄まし汁、さらに野菜類てんこ盛りのみそ汁が並ぶと言う笑えない状況になるわけです。写真は「中の町食堂」のみそ汁です。ご飯と漬物がついて600円です。多分続く。

posted by さいとう at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年10月11日

ポーク玉子

061011_2000~01.jpg沖縄市の大衆食堂「中の町食堂」のポーク玉子です。野菜炒めの上にオムレツ風玉子焼きが乗りハムステーキを添えてあります。これにご飯とソーメン入りのすまし汁がついて600円です。沖縄大衆食堂バンザイです。

posted by さいとう at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

唐突ですが

061011_0624~01001.jpg昨日から牛乳1パックが1/4ガロンという中途半端な地方に来ています。そんな訳で更新が少し遅れます。ご容赦下さい。

posted by さいとう at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年10月09日

ミルクスタンド


milkstand1














秋葉原駅総武線ホームの「ミルクスタンド」です。文字通りミルク・コーヒー飲料・フルーツ飲料・甘酒・パンなどに特化して販売している店です。関西では、まずお目にかからないと思います。以前は東京のあちこちで見かけた「ミルクスタンド」ですが、より単価が高く収益に貢献する飲食店やコンビニ化したりして減ってしまい、JR線内で残っているのは秋葉原と御徒町北改札口の外くらいとのことです。

電車の時間を気にしながら「ミルクスタンド」でミルクとパンを買って、慌しく胃に詰め込んで朝食を済ませ、あるいはミルクだけの場合、右手でビンを持ち左手を腰にあてがい、おもむろに一気飲みして口の周りに白い口ひげを生やしたまま、ラッシュアワーのすし詰め電車に飛び乗っていく微笑ましい光景はもうじき見られなくなるのかもしれません。

関西のJRにおいても従来型の「kiosk」がだんだん淘汰され、「ハートイン」のようなコンビニになったり自動販売機に置き換えられたりしているようです。利便性や合理性を追求するあまり、人と人の触れ合いがだんだん希薄になってようで、とても寂しく感じます。
posted by さいとう at 17:25| Comment(3) | TrackBack(0) | パン・菓子

2006年10月08日

神谷バー


kamiya1














花の東京、仲見世で有名な浅草寺の雷門から東へすぐの日本で一番古いバー「神谷バー」です。「神谷バー」と言えば「デンキブラン」というカクテルがあまりにも有名です。
デンキブランの元祖である電氣ブランデーは明治15年に製造と販売が開始されました。アルコール度数は45度あったそうです。名前の由来は当時文明開化の影響から、西洋の洒落たものには、「電氣○○」と名がつけられたことによります。時代の変遷と共に電氣ブランデーは電気ブランとなり、今では「デンキブラン」と名前が変わり、アルコール度数は30度になりました。ブランデーをベースにワイン・ジン・キュラソー・薬草などがブレンドされています。


kamiya2














店のパンフレットに記載の神谷バーの歴史です。

1880年(明治13年)初代神谷傳兵衛が「みかはや洋酒店」として洋酒の一杯売りを始めた。
1881年(明治14年)蜂印香竄葡萄酒(現在のハチブドー酒)誕生
1882年(明治15年)電氣ブランデー誕生
1912年(明治45年)店内を西洋風のバーに改造 日本で初めてのバー「神谷バー」誕生
1921年(大正10年)神谷ビル落成
1980年(昭和55年)神谷ビル新館竣工


kamiya3














客がするべきことは、1階の入り口入ってすぐにチケット売り場があるので、飲み物と料理の代金を支払ってチケットを受け取り、空いている席を見つけて腰掛けることです。後はウェイターがチケットをもぎりに来るので飲み物と料理が届くのを待つだけです。カウンターでは注文のカクテルを見事な手つきで次々と作り上げていました。浅草といえば東京の下町、「神谷バー」は昔ながらの情緒の漂う下町の社交場として親しまれてきたのです。


kamiya4














左から特大生ジョッキ990円 黒ビール500円 デンキブラン260円 アルコール度数40度の電氣ブランオールド360円というのもあります


kamiya5














ビーフシチュー 1,000円
時間をかけて柔らかく煮込まれた大きな牛肉のかたまりがゴロゴロと入っています。人参・じゃがいも・インゲンの彩りも美しいです。実に良い仕事をしています。


kamiya6














スペアリブ 1,380円
これも大きな牛のスペアリブが山盛りになっています。味付けは塩とコンソメ程度と控えめで、肉自体の旨みを引き出しています。ビールやデンキブランと一緒にいただくと最高です。

神谷バー
東京都台東区浅草1-1-1
03-3841-5400
1F 神谷バー 150席
2F レストランカミヤ 130席
3F 割烹神谷 椅子席20席 座敷30席 宴会場25席
営業時間 11:30〜22:00 (L.O.21:30)
定休日 火曜日
posted by さいとう at 23:13| Comment(2) | TrackBack(0) | ビアホール

2006年10月07日

うまいもんや とんき


tonki1














神戸高速鉄道新開地駅東改札口すぐの通称「新開地タウン」内にあるとんかつ・くしかつの店「うまいもんや とんき」です。同じ店が2軒並んでいますが、どちらで注文しても一緒です。


tonki5














たまたま通りがかったら「かつめし」の看板が掲げられているではありませんか。「かつめし」を始めたのは、味噌かつに代わる名物料理を考えていて加古川名物「かつめし」に行き当たったからとのことです。独自に研究されて試行錯誤の末に平成18年8月から提供を始められたとのことです。


tonki3














左が「牛かつめし」800円 右が「大盛肉W牛かつめし」1,400円
レパートリーはこれ以外に「大盛牛かつめし」900円、「肉W牛かつめし」1,300円があります。


tonki4














「カツ」は「かつめし」の王道である牛肉を使っています。ほど良い厚みでサクッと揚げられたカツにオリジナルのタレがかかっています。タレは甘すぎず酸っぱすぎず、ほど良いマイルドな味です。つけあわせの野菜は正統派のボイルドキャベツです。とても美味しくいただくことができました。加古川以外でこれだけ完成度の高い「かつめし」を提供する店は稀でしょう。「とんき」さんには、これからも頑張っていただきたいと思います。

うまいもんや とんき
神戸市兵庫区新開地2-3
078-578-3771
メトロこうべURL http://www.metro-kobe.jp/index.html
座席 カウンター12席(東の店)
営業時間 11:00〜21:00
定休日 第3火曜日
posted by さいとう at 21:09| Comment(4) | TrackBack(0) | かつめし

2006年10月06日

太陽楼神戸店


taiyourou1














三ノ宮駅東のダイエー三宮店9階レストラン街に出現した「太陽楼神戸店」です。以前はダイエー系のステーキハウス「フォルクス」があった場所です。
東京の「日本太陽樓株式会社」の店舗で、関東に6店舗、関西に4店舗出店しています。
料金はランチタイムが60分1,000円、ディナータイムが120分1,500円という激安価格で食べ放題・ソフトドリンクが飲み放題になります。500円追加でアルコールが飲み放題になります。(30分前ラストオーダー)つまり夜は2,000円という激安価格で、食べ放題飲み放題となるわけです。


taiyourou2














チャーシュー・蒸し鶏・ピータン・揚げ物など豊富に用意されています。


taiyourou3














アルコールは麒麟の淡麗の他、日本酒・焼酎・チューハイ・紹興酒・ウイスキー・ワインなどが飲み放題です。(アルコール飲み放題は要500円追加)


taiyourou4














海老チリをはじめ炒め物・蒸し物・煮物の種類も豊富です。


taiyourou5














中国はじめ東南アジアの団体さんのご利用も多いようです。オープンして間が無いのに人気がある店なので、予約されたほうがベターです。

太陽楼神戸店
神戸市中央区雲井通6-1-15 ダイエー三宮店9階
078-271-8230
URL  http://888j.net/taiyourou/
座席 テーブル4人掛×8=32席 座敷4人掛×20=80席
営業時間 ランチ 12:00〜15:00
ディナー17:30〜22:00
年中無休 
posted by さいとう at 22:23| Comment(3) | TrackBack(0) | バイキング

2006年10月05日

ゲイロード三宮店


gayload1














三ノ宮駅から南西へ徒歩10分程度、神戸市立博物館東向かい側のKDCビル地下1階の「ゲイロード三宮店」です。

ゲイロード(GAYLORD)の歴史は今から60年前に遡ります。1946年Iqbal Ghai氏とPeshori Lal Lamba氏がインドのニューデリーにて始めたインド料理のレストランが起源で両氏の頭文字をとって「GAYLORD」(陽気な王様)と名づけられました。その店の評判が良かったことからボンベイ(現ムンバイ)など各地に店舗網を広げました。

1957年には海外にも進出し、ロンドンをはじめ香港・日本の神戸・アメリカのニューヨーク・シカゴなどに店舗を構えています。神戸市役所の東向かい側(磯上通8-3-7明治生命ビル地下1階)にあったゲイロードはインド料理店の草分け的存在で永く親しまれてきましたが、1995年の震災で建物が崩壊したため、中山手通1-26-1バッカスビル7階に移転しましたがここも2005年秋に閉店しました。それから約1年間のブランクを経て2006年8月4日に三宮にゲイロードが戻ってきました。

なおゲイロードの姉妹店はゲイロードマリンピア店、大阪アショカ、京都アショカの3店舗あるそうです。


gayload2














KDCビル左手の階段を地下へ下りていくと「ゲイロード」にたどり着くことが出来ます。店内は明るくて広いです。インドのBGMが店内に流れています。


gayload3














オルセーランチ 1,500円
スープ・サラダ・ライス・本日の揚げ物(ゴマコーティングした野菜のコロッケ)・バーベキュー(タンドリーチキン)・カレー2種(野菜カレー・マトンカレー)・ハーブ入りナン・デザート・チャイ
野菜カレーはカリフラワーと海藻類が入った一風変わったものでしたがマイルドで美味しかったです。マトンカレーはマトンの肉団子入りでとてもコクがありよい風味でした。口に入れると一瞬甘く感じるのですが徐々に秘めたる辛さが全身に効いてきます。ハーブ入りのナンやライスと一緒にいただくと、なお美味しいです。


gayload4














デザートとチャイです。
本日のデザートはマンゴケーキ・ココナッツアイスクリーム・フルーツでした。チャイはインド風の紅茶のようなものです。これだけのボリュームでこのお値段はお買い得だと思います。

通常のランチメニューはAランチ1,000円、Bランチ2,500円、ディナーメニューはAコース3,000円、Bコース7,500円、単品メニューはタンドリー料理800円、カレー1,000円、ライス・サラダ・ナン各400円などとなっています。

ゲイロード三宮店
神戸市中央区京町83 KDC神戸ビルB1F
078-392-8200
URL http://www.gaylord.jp/index.html
ロンドンのGAYLORDのURL
http://www.gaylordlondon.com/index.htm

座席 4人掛×7=28席 2人掛×6=12席
営業時間 11:30〜14:00
17:00〜21:00(ディナーは完全予約制)
定休日 日曜日
posted by さいとう at 21:43| Comment(2) | TrackBack(0) | インド料理

2006年10月04日

つくし


tsukushi1














兵庫県庁北側の兵庫県職員会館地下1階の「手打ち蕎麦とおばん菜・つくし」です。


tsukushi2














カレー定食(うどん) 600円
蕎麦の店ですが何故か人気のあるのがカレー定食です。コシのあるうどんにカラミつくトロミのあるカレーあんには牛肉と玉葱がたっぷり入っていて実に美味しい上に安いのです。カレーうどん単品だと550円になります。もちろんカレー蕎麦も出来ます。


tsukushi3














つくし弁当 850円
おかずは日替わりで、刺身・子持ちシシャモのフライ・鶏の唐揚げ・出汁巻き・野菜の煮物などです。品数も豊富で味付けも良いです。
夜は飲み放題付の宴会プランも用意されているようです。

つくし
神戸市中央区下山手通4-18-2
078-221-2940
座席 カウンター8席 テーブル4人掛×8=32席 座敷4人掛×4=16席
営業時間 11:00〜22:00
定休日 土・日・祝
posted by さいとう at 21:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 和食

2006年10月03日

洋食の赤ちゃん(本店)


akachan51














阪急三宮駅西口から徒歩2分程度、生田ロードの1本東の路地中ほどの「洋食の赤ちゃん」(三宮本店)です。
現在神戸市内に6店舗ある「洋食の赤ちゃん」の原点はこちらの店のようです。創業者から代が変わって、現在各店舗とは直接の関係はなさそうです。

一応、現存の6店舗を回りましたので記念して店舗の一覧を掲載します。

洋食の赤ちゃん(青木) 神戸市東灘区北青木2-9-27
078-411-3264 阪神青木駅北東徒歩5分

洋食の赤ちゃん(石屋川) 神戸市東灘区御影塚町4-7-5
078-811-8739 阪神石屋川駅南西徒歩10分

洋食の赤ちゃん 大石店 神戸市灘区灘南通3-1-1
078-881-8725 阪神大石駅北西徒歩10分

洋食の赤ちゃん(春日野道) 神戸市中央区大日通5-3-14
078-241-7277 阪急春日野道駅北東徒歩10分

洋食の赤ちゃん(本店) 神戸市中央区北長狭通1-9-17
078-331-4030 078-391-2940 阪急三宮駅西口北すぐ

洋食の赤ちゃん(湊川) 神戸市兵庫区荒田町1-15-4
078-511-0477 神鉄湊川駅東へ徒歩3分

( )内は便宜上、筆者が勝手に呼んでいるもので正式な店名ではありません。
なお、北野坂と湊川神社の赤ちゃんは閉店したようです。


akachan52














店内は広くてゆったりとしています。


akachan53














残念ながらオムライスは現在やってないとのことです。


akachan54














オムレツ 600円 ライス 150円
オムレツはきざみハムとグリーンピース入りのフワトロです。バターの風味が良いです。


akachan55














ランチセット 1,300円
ハンバーグ・エビフライ・ハム・サラダ・ライスのセットです。手ごねのハンバーグと大きなプリプリ海老がとても美味しくて印象に残りました。

洋食の赤ちゃん(本店)
神戸市中央区北長狭通1-9-17
078-331-4030 078-391-2940
座席 テーブル4人掛×6=24席 2人掛×3=6席
営業時間 12:00〜14:00 17:00〜21:00
定休日 日曜日 
posted by さいとう at 21:03| Comment(6) | TrackBack(0) | 洋食

2006年10月02日

洋食の赤ちゃん大石店


akachan31














阪神大石駅から北西へ徒歩10分程度、国道2号線西灘小学校北側の「洋食の赤ちゃん大石店」です。この店は「大石店」と表示があります。しかし羽のついた赤ちゃん(天使?)のマークはありません。


akachan32














他店に比べて、やや高めの価格設定と思われます。これ以外にトンカツ定食840円(11:00〜14:00のみ)があります。


akachan33














オムライス(大)900円
普通サイズだと800円です。ハムと玉葱をトマトソースで炒めて薄焼きの玉子でくるみ、酸味の効いたトマトソースをかけて出来上がりです。値段とボリュームを考えるともう一頑張りして欲しいところです。

洋食の赤ちゃん大石店
神戸市灘区灘南通3-1-1
078-881-8725
座席 カウンター7席 テーブル2人掛×5=10席
営業時間 11:00〜21:00
定休日 火曜日
posted by さいとう at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋食

2006年10月01日

讃岐麺房すずめ


suzume1














三宮駅から東のサンパル方向へ徒歩5分、中華料理の「桃花園」の角を南へすぐの「讃岐麺房すずめ」です。昼前には既に行列が出来ている超人気店です。


suzume2














入り口入ってすぐのおでんと天ぷらコーナーです。1つ100円です。セルフサービスなので自分でとって会計時に、うどん代金と共に支払います。


suzume3














ぶっかけうどん(温・大)650円
とてもコシのある麺です。麺の打ち方・湯で加減いずれも素晴らしい仕上がりです。人気があるのも頷けます。茹でたての熱い麺に熱い出汁をかけていただきました。


suzume4














生醤油うどん(冷・大)600円
とても力強くてコシのある麺です。喉越しの良い麺と生醤油の相性も良好です。生醤油は辛口なのでかけ過ぎないように注意してください。

讃岐麺房すずめ
神戸市中央区雲井通4-1-23 アスティ三宮1階
078-251-1319
座席 カウンター8席 テーブル4人掛×3 座敷4人掛×2
営業時間 11:00〜14:30 17:00〜20:00 麺が売切れ次第終了
定休日 土曜日
posted by さいとう at 21:03| Comment(2) | TrackBack(0) | うどん