2010年01月17日

赤岳鉱泉

P11603561.jpg
16日の午前8時30分に美濃戸口を出発して、昼前に赤岳鉱泉に
到着しました。数少ない通年営業の山小屋です。

荷物を部屋に置いた後、明日の赤岳登頂に備えて、アイゼンや
ピッケルを使った歩行訓練、アイスキャンデーを使った
アイスクライミングを実践しました。


続きを読む
posted by さいとう at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年03月06日

うなぎのかもじま


kamojima1













地下鉄湊川公園から南へすぐの「うなぎのかもじま」です。お昼のサービス定食の看板がひと際目立ちます。こちらのご主人は鰻専門店の職人さんだったそうですが、平成10年頃に独立されて、こちらで開業されたとのことです。

うなぎのかもじま
神戸市兵庫区新開地1-4-21
地図
078-511-4147
座席 カウンター5席 テーブル4人掛×3
営業時間 11:00〜15:00頃 17:00〜21:00頃
定休日 木曜日続きを読む
posted by さいとう at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年03月03日

青柳


aoyagi1












元町駅から西へ徒歩5分程度、元町北通商店街の鰻専門店「青柳」です。神戸は何故か江戸前の店が多い中で、こちらは関西風の伝統を受け継ぐ店です。

青柳
神戸市中央区元町通3-11-14
地図
078-331-2292
座席 1階 カウンター9席 テーブル4人掛×2 
   2階 座敷 6人掛×3
営業時間 11:00〜14:00 17:00〜21:00
定休日 月曜日続きを読む
posted by さいとう at 21:12| Comment(6) | TrackBack(0) |

2007年03月01日

三宮青葉


sannomiyaaoba1














三ノ宮駅から西へ徒歩5分程度の静かな佇まいの中にある鰻専門店「三宮青葉」です。元町の鰻の老舗「青葉」の息子さん夫婦が切り盛りされている店舗です。
鰻を焼き始めると煙が外にもうもうと立ち上ります。この匂いに釣られてフラフラと店の中に・・・

申し訳ありませんが元町の青葉の写真はDIONのサーバ容量がオーバーしたため削除しております。

三宮青葉
神戸市中央区北長狭通2-8-5阿部ビル1階
地図
078-321-0339
座席 カウンター5席 テーブル6人掛×2 4人掛×1 座敷4人掛×1
営業時間 11:30〜14:30 17:00〜21:00
     (日曜日 11:30〜21:00)
定休日  水曜日続きを読む
posted by さいとう at 22:40| Comment(5) | TrackBack(0) |

2006年12月16日

みなと


minato1














鰻専門店「みなと」の「うなぎ白焼き」2,540円
太くて、立派な鰻の白焼きです。タレがついていないので鰻そのものの味を楽しめます。お好みで山葵と醤油につけていただきます。実に素晴らしい一品です。

前回2006年9月14日付の記事も参照してください。

三宮・東門街南の入り口から北へ30mの江戸焼うなぎ専門店「みなと」です。こちらの大将は、かつて三宮のガードしたにあった「竹葉亭」(ちくようてい:昭和13年〜平成14年頃)の板長を務めた方です。竹葉亭から独立されて「みなと」の看板を掲げて10年ほどになるそうです。



みなと
神戸市中央区中山手通1-4-11
078-392-5566
座席 カウンター6席 テーブル6人掛×1 4人掛×2
営業時間 12:00〜14:00 17:00〜22:00
     水曜日のみ 17:00〜22:00
定休日 日曜日 (祝日は営業)続きを読む
posted by さいとう at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) |

2006年10月19日

丸高


mint1














平成18年10月4日に開業した三宮駅前「ミント神戸」(神戸新聞会館)地下1階M-KITCHEN(旧・秀味街)に、うなぎの「丸高」が戻ってきました。


marutaka51














秀味街を閉鎖して工事している間、阪神大石駅南で山信船寺店として営業を続けていました。

店の広さは以前よりも若干狭くなったもののキャパシティは十分あります。


marutaka53














特鰻丼2,420円 上鰻丼1,580円 鰻丼950円
何が違うかと言うと鰻の大きさが違います。ご飯の大盛り可能です。追加料金は必要ありません。


marutaka52














手前が鰻丼、奥が上鰻丼です。いずれもご飯大盛りです。江戸前の蒸した鰻は柔らかくて上品、とても美味しいですよ。老舗の名店が三宮に復活しました。おめでとうございます。

丸高
神戸市中央区雲井通7-1-1
078-221-0606
座席 カウンター6席 テーブル4人掛×5=20席 6人掛×1=6席 16人掛×1=16席
営業時間 11:00〜21:00(L.O.) 22:00閉店
年中無休
posted by さいとう at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) |

2006年09月14日

みなと


minato1














三宮・東門街南の入り口から北へ30mの江戸焼うなぎ専門店「みなと」です。こちらの大将は、かつて三宮のガードしたにあった「竹葉亭」(ちくようてい:昭和13年〜平成14年頃)の板長を務めた方です。竹葉亭から独立されて「みなと」の看板を掲げて10年ほどになるそうです。

minato4














通常、蒲焼(松)は3,460円、蒲焼(竹)は2,650円、鰻重(松)は2,880円、鰻重(竹)は2,310円ですが12時から午後2時までのお得なサービス定食が用意されています。


minato2














1階の突き当たりに店の暖簾がかかっています。


minato3














うなぎ丼(肝吸・小鉢付) 1,730円
12時から2時までのサービス定食です。大分県日田産で地元の天領水で育ったものだそうです。一度蒸してから紀州備長炭で焼き上げた鰻は、ふっくらしていてとても上品な仕上がりです。おいしそうな色艶と香りもタレに秘密がありそうです。少し大きめの丼ですがご飯を覆い隠してしまうほど、鰻のサイズも大きいです。風味豊かな肝吸・小鉢・香の物がついています。皆さんにも味わっていただきたいお勧めの一品です。

みなと
神戸市中央区中山手通1-4-11
078-392-5566
座席 カウンター6席 テーブル6人掛×1 4人掛×2
営業時間 12:00〜14:00 17:00〜22:00
     水曜日のみ 17:00〜22:00
定休日 日曜日 (祝日は営業) 
posted by さいとう at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) |

2006年08月29日

うなぎ丸高元三宮市場店


marutaka11














阪神深江から北東へ500mの「うなぎ丸高元三宮市場店」です。国道2号線本山南町交差点から南へ2本目のシャープ産業タイガースショップの角を東へ100mほどの住宅地の中にあります。ルーツは宇治川の「丸高」で、その後三宮市場に移り、センタープラザ西館が建った後地下1階店舗に入居したそうです。平成7年の震災で店舗を手放し、平成10年に現在の場所に店を構えられたということで創業から通算すると81年になるそうです。店の名前が「元三宮市場店」となっているのも、そんな事情があったわけです。


marutaka12














鰻メニューは5種類あります。鰻丼と上鰻丼の違いは鰻の目方です。鰻丼の鰻は100g、上鰻丼の鰻は200gだそうです。


marutaka13














上鰻丼(赤だし、漬物付) 1,480円
愛知県三河一色産新仔ものを使用して江戸風に調理しています。丼からはみ出すほど大きいのに、ふっくらとして上品な味わいの鰻です。


marutaka14














ひつまぶし(赤だし、漬物付) 1,800円
こちらは関西風に調理した鰻です。歯ごたえがあり、パリッとした香ばしい皮が印象的です。


marutaka15







お茶碗に移して、まずはそのまま食べてみます、次にお出汁をかけて味わいます。お茶をかけても美味しいです。とてもさっぱりした味わいでした。

うなぎ丸高元三宮市場店
神戸市東灘区本山南町6-3-19
078-413-5669
座席 テーブル6人掛×1 4人掛×2 2人掛×1
営業時間 11:30〜13:30L.O. 17:00〜19:30L.O.
定休日 水曜日
posted by さいとう at 22:30| Comment(0) | TrackBack(1) |

2006年08月26日

山信船寺店


yamashinf1














阪神大石駅南の商店街を船寺八幡神社に向かう途中にある鰻専門店「山信船寺店」です。沢の鶴資料館近くの「山信商店」の支店という位置づけになっています。実際は三宮の地下街と新聞会館を結ぶ飲食店街「秀味街」(しゅうみがい)の中にあった「丸高」が新聞会館の建て替え工事期間中の仮住まいとして「山信船寺店」の看板で営業しているとのことでした。


yamashinf2














鰻丼600円から特上丼1,500円まで4ランクあります。それぞれの違いは鰻の大きさだそうです。ご飯の量は多いめ、少ない目を加減してもらえます。


yamashinf3














鰻を焼いているところを撮らせていただきました。
1.鰻を背開きにする。
2.炭火で白焼きする。
3.蒸す。
4.タレに付ける。
5.炭火で蒲焼にする。
という感じの本格的な江戸前鰻の焼き方を伝統にしておられます。


yamashinf4














白菜の浅漬けは好きなだけ小皿にとっておかか醤油で戴きます。あっさりしていて美味しいです。


yamashinf5














特鰻丼 1,000円
ご飯は多目を注文しました。アツアツのご飯の上に炭火でじっくり焼き上げた柔らかい鰻が乗っていて、美味しくてたまらないです。特鰻丼と特上鰻丼には鰻の肝焼きがついてます。これだけのボリュームでこのお値段は破格だと思います。

山信船寺店
神戸市灘区船寺通1-2-13
078-882-6780
座席 カウンター6席 テーブル4人掛×2=8席
営業時間 11:00〜20:00頃
年中無休 水曜日
但しこちらの店の営業は平成18年9月末までです。

その後、平成18年10月4日に開業予定の三宮駅前「ミント神戸」(神戸新聞会館)地下1階のM-KITCHEN(旧・秀味街)に、以前の「丸高」の屋号でお目見えするそうです。

丸高のルーツ
「丸高」は大正年間に宇治川商店街にて創業された鰻専門店で、初代の創業者は三宮市場の構想にも携わり市場にも出店したそうです。その後代替わりするなどして現在「丸高」の流れを汲む店が神戸市内に3つあるそうです。そのひとつが今日ご紹介している「秀味街」の中にあった「丸高」、2つ目が昨日ご紹介したセンタープラザ西館、三宮市場内の「まるたか」、3つ目が東灘区本山南町の「丸高」なのだそうです。ちなみに「山信商店」のご主人はもともと1つ目の「丸高」で働いていて、独立して鰻の卸を創めたとのことです。
posted by さいとう at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) |

2006年08月25日

まるたか


marutaka1














三宮のセンタープラザ西館地下1階三宮市場内のうなぎ専門店「まるたか」です。鰻を背開きして一度蒸してからタレを付けて炭火で焼く本格的江戸前の店です。


marutaka2














サービス丼 800円
鰻丼とコロッケ・温泉玉子・赤だしのセットです。お手頃価格で本格炭火焼の美味しい鰻が味わえます。


marutaka3














いくら丼 650円
サーモンとイクラが乗った丼とコロッケ・赤だしのセットです。シャケの親子丼といったところでしょうか。なかなか美味です。


marutaka4














うなぎ丼定食 1,100円
サービス丼と比べて丼と鰻が少し大きくなります。温泉玉子・サラダ・赤だしがつきます。焼きたてのアツアツフワフワの鰻を是非味わってください。

まるたか
神戸市中央区三宮町2-11-1 センタープラザ西館B1(三宮市場内)
078-334-3115
URL http://www.unagi-marutaka.com/
座席 カウンター9席 テーブル4人掛×2 2人掛×3
営業時間 平日 11:00〜20:00
   土・祝日 11:00〜17:00
定休日 日曜日
posted by さいとう at 20:44| Comment(5) | TrackBack(0) |

2006年05月15日

山信商店


marusin1














阪神大石駅から都賀川沿いに南へ徒歩10分ほど国道43号線を超えて沢の鶴資料館の手前を西へ少し入った住宅地に位置する、うなぎ専門店「山信商店」です。行き付けの六甲道の理髪店「生田」さんからの耳寄り情報で早速訪問しました。


marusin3














興味津々で覗いていると仕事が一段落したようで中へ招き入れてくれました。浜名湖産の極上の鰻が生簀に入っています。とても活きのいい鰻です。


marusin4














山信は鰻を背開きにして一度蒸してから焼き上げる「江戸前」の店なのです。蒸すことで余分な脂や臭みを落として、柔らかくてふっくらした食感になるわけです。そして仕上げは炭火で焼きます。ガスだとどうしてもベチャっとなってしまうようで、炭火で焼くと遠赤外線効果でじっくり中まで火が通り皮はパリっと仕上がるそうです。左が蒸し器、中央が炭火焼き(残念ながら撮影時に鰻は焼いておりません。)右の甕の中が山信特製秘伝のタレです。


marusin5














これが一度焼いた後の状態です。これを蒸して、そのまま焼くと白焼き、タレをつけて焼くと蒲焼になるようです。


marusin2














こちらが食事用の入り口です。山信は創業50年の店で卸売りと持ち帰りの専門店だったのですが、震災で店が倒壊してしまい、再建時に食事も出来るようにとプレハブ店舗を併設して鰻丼を提供するようになったとのことです。


yamasin7














メニューはこれだけです。鰻丼一筋なのです。何が違うかというと乗っている鰻の数が違います。


yamasin8














テーブルの上には白菜の漬物が乗っています。鰻丼ができるまで、漬物を小皿に移しおかかを振りかけて醤油をたらすなどして待機します。この白菜の漬物が実にあっさりさっぱりしていて良い味わいなのです。


marusin6














特丼 1,000円
大きな鰻の蒲焼が2枚と肝焼きが1串乗っています。さらに味噌汁がついてこのお値段です。お米はヒノヒカリという銘柄を使っているそうで鰻とタレとの相性も最高です。


marusin7














上丼 800円
小ぶりの蒲焼が3枚乗ります。あと蒲焼が2枚の鰻丼600円があります。メニューはこの3品だけです。折角山信に来たのなら特丼が絶対にお勧めです。

それから鰻の持ち帰りも出来ます。鰻の大きさにもよりますが1,000円から1,200円程度です。当然タレつきですのでご家庭のお土産にもお勧めです。

山信商店
神戸市灘区大石南町1-4-7
078-881-3039
座席 カウンター4席 テーブル4×2
営業時間 11:00〜18:00頃
年中無休 但し正月は休業

また阪神大石駅南の船寺店でも鰻丼を戴くことが出来ます。
山信船寺店
神戸市灘区船寺通1-2-13
078-882-6780
営業時間 11:00〜20:00頃
年中無休 水曜日
「秀味街」(しゅうみがい)の中にあった「丸高」が新聞会館の建て替え工事期間中の仮住まいとして「山信船寺店」の看板で営業しておりますので平成18年9月末に閉店します。

その後、平成18年10月4日に開業予定の三宮駅前「ミント神戸」地下1階のM-KITCHEN(旧・秀味街)に、以前の「丸高」の屋号でお目見えするそうです。
posted by さいとう at 22:28| Comment(4) | TrackBack(0) |

2006年04月02日

青葉元町店


aoba1














元町3丁目のWINS B館西側にある鰻専門店「青葉元町店」です。調理法は江戸前(背開きで蒸したもの)になります。いつも調理場の換気扇から煙とともに鰻の匂いがあたりに立ち込めているので、気になっていた店です。


aoba2














これがメニューです。うーん。丼でも普段の昼食の4倍くらいはします。


aoba3














鰻が出てくるまで漬物をいただきます。季節柄いかなごのくぎ煮とさくら茶が出てきました。


aoba4














丼2,700円
炊き立ての熱々のご飯の上に大きな鰻が乗っています。早速食べてみると、表面は適度にこんがり焼けていて中身はふっくらして柔らかく、タレの絶妙な味と相まってもう最高です。こんなに美味しい鰻は初めて食べました。今度来るときはもう少し奮発して上丼やごはん別盛りのかば焼きにしてみようと思います。しかーしこんな食事ばかりしていたら貴重な小遣いが・・・

青葉元町店の息子さんが青葉三宮店を出店されているそうです。うどんのときわの北側になります。

青葉元町店
神戸市中央区元町通3-8-10
078-331-2845
座席 テーブル席6×3 4×2 2×1
営業時間 11:00〜19:30
定休日 月曜日
posted by さいとう at 18:26| Comment(4) | TrackBack(0) |