2007年09月07日

静香亭


sizukatei7
















神戸市バス2系統「青谷」または「青谷橋」バス停から急な坂道を北へ登り、青谷道(旧摩耶道)に入って徒歩10分ほどで視界が急に開け、茶畑が目に飛び込んできます。お茶の産地は宇治や静岡といった先入観があり、「ええ?何でこんなところに茶畑があるの?」と疑問に思いました。

実は大日商店街で茶の販売をしている「静香園」のご主人が、本当に美味しい無農薬・有機栽培のお茶を求めて、ついには青谷の山中に土地を購入して茶畑を作られたのが、こちらの「静香園」です。

明治時代半ば、旧筒井村(現在の中央区割塚通〜灘区原田)は茶の生産地として有名だったそうです。そして神戸港からアメリカなど海外へどんどん輸出されていたそうです。市街地から近かったこともあり、明治後半には宅地化が進んで茶畑は消滅してしまったようです。

こちらの茶畑では現存する神戸市内唯一の茶畑として茶の栽培を行い、毎年5月初旬の八十八夜の頃に地元の小学生が茶摘の体験をしているそうです。



sizuchaen1














もうすでに茶摘のシーズンは終わっていますが「茶室 静香亭」で煎れ立てのお茶を頂くことが出来ます。


静香亭
神戸市灘区原田小屋場大原1-5
地図
078-801-3563
座席 テーブル3人掛け×4
営業時間 9:00〜17:00
不定休続きを読む
posted by さいとう at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) |

静香園


sizukaen5
















阪急春日野道駅の北側から東に続く大日6丁目商店街のお茶の老舗「静香園」(しずかえん)です。創業は昭和22年だそうです。
こちらの店の看板商品は「静香かりがね」です。創業以来60年も売れ続けているロングセラー商品だそうです。
茶の茎を使っていて、他のお茶には無い独特の渋みと甘みが合わさったような味わいを楽しむことが出来ます。
実はこちらのご主人は無農薬・有機栽培で自分が納得できる美味しいお茶を求めて、自ら茶畑を作ってしまったというから驚きです。それが灘区青谷の山中にある「神戸観光茶園 静香園」です。
次回はそちらのレポートをする予定です。

静香園
神戸市中央区割塚通6-2-19
地図
078-222-0007
営業時間 9:30〜19:00
定休日 日曜日続きを読む
posted by さいとう at 07:47| Comment(2) | TrackBack(0) |